メタディスクリプションの効果的な書き方と意味を説明します。

田中さん
メタディスクリプションってなんだ?

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事を読んでほしい人

  • ブログ初心者
  • メタディスクリプションを知らない人
  • 始めて記事を書くひと

 

本記事の内容

  • メタディスクリプションの役割と意味の説明
  • メタディスクリプションが重要な理由を説明
  • メタディスクリプションの書き方を解説
  • まとめ

 

本記事の信頼性

  • 筆者自身が初期設定を経験している
  • Googleアドセンスに合格している
  • アフィリエイトで4桁収益化を達成している
  • ブログ歴2ヶ月の為、悩みを共有できる

 

この記事ではSEO内部対策で重要な役割とされる メタディスクリプション(meta description)について解説します。

この記事で解説するメタディスクリプションの書き方を理解して頂ければ、タイトルのクリック率も上がり、多くの検索キーワードであなたの記事が上位表示されることでしょう。

 

実際の検証で、メタディスクリプションを空白のものと、対策後のものとの比較では、クリック率が最大で2%も上昇した記事もあります。

逆を言えば、メタディスクリプションの対策をしていないと、あなたの記事が検索され難いということです。

 

それでは始めましょう。

 

メタディスクリプションの意味と役割

メタディスクリプション(meta description)とはSEO対策に重要なタグの一つです。

メタディスクリプションタグが動作すると青枠のように検索結果の記事タイトル下に文章が表示されます。(上記画像)これの文章をスニペットとも呼びます。

 

メタディスクリプションの役割は以下の通り

 

役割

  • 記事の概要
  • 記事の説明

 

 

田中さん
記事の概要ってなんだ?

 

この質問には次で説明します。

 

メタディスクリプションの重要な理由は2つ

メタディスクリプションの説明を行っているシーン

 

メタディスクリプションが重要な理由

  • ユーザーに記事の概要を伝えてくれる=タイトルのクリック率が上昇する
  • Googleに記事の概要を伝えてくれる=様々な検索キーワードで表示される

 

以下で解説します。

 

1 ユーザーに記事の概要を伝える事でクリック率が上がる

 

メタディスクリプションを適切に書くことで、読者に記事の概要を伝える事が出来るためクリックを促す効果がある。

 

メタディスクリプションの効果としては、記事単体では大きくはありません。ですが、ブログ運営において記事数が増えるとその効果は大きくなっていきます。

その為重要性は大きいと言え、成功している多くのブロガーがこれを実施しています。

 

2 Googleに記事の概要を伝えることで、様々な検索ワードに引っかかる

 

メタディスクリプションのもう一つの役割は、様々な検索ワードに引っかかることが出来ることです。

具体的には、『記事タイトル(H1見出し)』には入っていないワードでも、メタディスクリプションに入れていれば、検索に引っかかる可能性が出てくるということですね。

 

メタディスクリプションに入れてさえおけば、記事タイトルで狙うキーワード以外でボリュームのあるワードがヒットすることがあります。しっかりと対策をしましょう。

 

メタディスクリプションの書き方は4つ

メタディスクリプションの書き方説明

 

この見出しではメタディスクリプションの書き方を4つ解説します。

 

書き方

  1. 記事の全体像を伝えよう
  2. SEOキーワードを盛り込もう
  3. 関連キーワードを盛り込もう
  4. 文字数は120文字以内で完結に

 

書き方1:記事の全体像を伝えよう

メタディスクリプションでは、タイトルでは伝えきれない記事の全体像を伝える様に心がける事が大切。

それはタイトルのクリックを促す事に繋がるからです。

特にルールはないので、読者から見て記事の内容が分かる様に文章を考えましょう。

 

 

書き方2:SEOキーワードを盛り込もう

メタディスクリプションにはSEOキーワードを盛り込みましょう。

 

理由としては、検索された際に太文字で表示されるので、クリック率を高めることができるからです。

 

書き方3:関連キーワードを盛り込もう

メタディスクリプションではSEOキーワードに関連する関連キーワードを入れましょう。

理由としては、タイトルでは引っかからないワードをメタディスクリプションに盛り込むことにより、引っかかることができるから。

関連するキーワードは必ず盛り込むようにしよう

 

書き方4:文字数は120文字以内で完結に

メタディスクリプションに記述する文字数は120字程度に収めましょう。

理由としては、Googleの検索ページで表示される文字数が120字だからです。

つまりは120字以降の文章は表示されず「...」となります。

 

これでは時間をかけて考えたメタディスクリプションが意味をなしません。

また、 先ほど“パソコンの場合120文字程度”とご説明しましたが、スマホを考慮すると90文字程度で簡潔にまとめておくと良いでしょう。

 

twitterで練習しましょう。140文字なのでコツが掴めてきます。 ブログの集客にも繋がる為、一石二鳥ですよ

 

【メタディスクリプション書き方】 まとめ

まとめ

 

ここまでで解説した『メタディスクリプションの正しい書き方4つ』を実践すれば、タイトルのクリック率は高まり、今まで表示されなかったワードでもあなたの記事が表示されるようになります。

 

最後におさらいをします。

 

メタディスクリプションが重要な理由

  • ユーザーに記事の概要を伝えてくれる=タイトルのクリック率が上昇する
  • Googleに記事の概要を伝えてくれる=様々な検索キーワードで表示される

 

書き方

  1. 記事の全体像を伝えよう
  2. SEOキーワードを盛り込もう
  3. 関連キーワードを盛り込もう
  4. 文字数は120文字以内で完結に

 

練習法

  • Twitterで練習するとコツが掴めてくる。
  • ブログ集客にも繋がり一石二鳥。

 

メタディスクリプションを最適化し、検索上位を目指しましょう

 

それでは。

 

-Blog
-, ,

© 2020 Take Blog Powered by AFFINGER5