会社員 副業ライター




会社員にも出来る副業。ライターがおすすめな理由。

今回のテーマは、ライターが副業におススメの理由です。副業とは、本業以外で収入を得ることを指します。本業は、会社員やフリーランスとしてライティングを行っている方も多いでしょう。そのような方が、副業をすることで、自分のキャリアや生活をより豊富にすることができるのです。今回は、ライターが副業をすることで得られるメリットや、おススメの副業方法についてお伝えしたいと思います。

ライターの種類と仕事内容

ライターは、文章を書くことを仕事とするプロフェッショナルです。ライターの仕事内容は、様々ですが、一般的には次のような種類に分けられます。

ライターの種類

  • コピーライター
  • テクニカルライター
  • コンテンツライター
  • ニュースライター
  • 小説やエッセイライター

コピーライター

コピーライターは、マーケティングや広告の目的で、販売促進のための文章を書く仕事を指します。広告文やプロモーション文、Webサイトのコンテンツなどが主です。

コピーライターは、商品やサービスを販売するために、ユーザーが欲しいと感じるような文章を書くことが必要です。そのためには、商品やサービスの特徴や利点をアピールすることが重要です。また、コピーライターは、商品やサービスを販売するために、わかりやすく、分かりやすい文章を書くことが求められます。

コピーライターは、マーケティングや広告業界で働く人が多いですが、Webサイトやブログのコンテンツを書くこともできます。

テクニカルライター

テクニカルライターは、技術的な内容をもつ文章を書く仕事を指します。製品マニュアルや技術資料、専門書などが主です。

テクニカルライターは、技術的な内容をわかりやすく、分かりやすい文章にすることが求められます。また、テクニカルライターは、特定の分野に精通していることが望まれます。そのためには、専門的な知識を身につけることが必要です。

テクニカルライターは、技術的な企業やサービスで働く人が多いですが、Webサイトやブログのコンテンツを書くこともできます。

コンテンツライター

コンテンツライターは、オンラインに掲載されるコンテンツを書く仕事を指します。Webサイトやブログ、SNSなどで掲載される文章が主です。

コンテンツライターは、オンライン上での情報収集や記事執筆が求められます。また、SEO(サーチエンジン最適化)を意識した文章を書くことも必要です。コンテンツライターは、わかりやすく、分かりやすい文章を書くことが求められます。

コンテンツライターは、Webサイトやブログを運営する企業や個人で働く人が多いです。

ニュースライター

ニュースライターは、ニュースを収集して記事を書く仕事を指します。新聞やテレビ局、インターネットニュースサイトなどで掲載される記事が主です。

ニュースライターは、日々起きる出来事を収集し、ニュースとしてまとめることが求められます。また、ニュースライターは、わかりやすく、分かりやすい文章を書くことが求められます。

ニュースライターは、新聞やテレビ局、インターネットニュースサイトで働く人が多いです。

小説やエッセイライター

小説やエッセイライターは、小説やエッセイを書く仕事を指します。出版社や雑誌、Webサイトなどで掲載される文章が主です。

小説やエッセイライターは、自己表現や感情を伝えることができる文章を書くことが求められます。また、小説やエッセイライターは、ストーリーや文章のテンポを意識しながら、文章を書くことが必要です。

小説やエッセイライターは、出版社や雑誌、Webサイトで働く人が多いです。

また、ライターはフリーランスや会社員の2つの形態で働くことができます。フリーランスは、自分で仕事を受けて、自由に働くことができるのに対し、会社員は、会社で雇われて働くことになります。どちらのスタイルも、ライターとしてのキャリアアップや、生活の豊富さを得る上で、個人的におススメする方法は異なるでしょう。

副業ライターの報酬形態

副業ライターの主な報酬形態には、次のようなものがあります。

ライターの報酬形態

  • ページ単価
  • 文字単価
  • 記事単価

ページ単価

副業ライターの報酬形態の一つに「ページ単価」があります。ページ単価とは、1ページあたりの報酬の額を指します。

ページ単価は、副業のライターが書いた記事や文章を基に計算されます。1ページあたりの報酬の額は、書いた記事や文章の難易度や内容、期間などによって異なります。

文字単価

「文字単価」とは、副業としてライティングを行う際の報酬形態の一つで、書いた文字数に応じて報酬が決定されるものを指します。

このような報酬形態は、特にウェブコンテンツの作成やトランスクリプション(音声をテキストに起こす作業)などでよく使われます。文字単価は、通常、1文字あたりに対して単価が決められており、その単価に応じて文字数をカウントして報酬が決定されます。

例えば、1,000文字あたりの文字単価が100円の場合、1,000文字のテキストを作成すると、報酬は100,000円になります。文字単価は、業界や内容、難易度、スキルレベルなどによって異なるため、その文字単価を確認することが重要です。

記事単価

「記事単価」とは、副業ライターが書いた記事を執筆する際の報酬のことを指します。記事単価は、記事の内容や難易度、提供元からの求められるスキルや期間などによって異なります。記事単価は、基本的には記事を書いたライターが受け取る報酬額ですが、場合によっては手数料や税金がかかる場合もあります。

副業ライターが記事を執筆する際には、事前に記事単価が決められており、ライターが執筆する記事数や期間に応じて報酬が決定されます。副業ライターが記事を執筆する際には、必ず記事単価が決められており、ライターが執筆する記事数や期間に応じて報酬が決定されます。記事単価は、基本的には記事を書いたライターが受け取る報酬額ですが、場合によっては手数料や税金がかかる場合もあります。

副業のライターの報酬形態は、仕事の内容やお金の金額によって異なります。個人的に契約する場合は、相手と協議して、報酬形態を決めることができます。

稼ぐ副業のライターの特徴

稼ぐ副業ライターには以下の特徴が多く見られます。

稼げる理由

  • スキルや経験が高い
  • マーケットデマンドが高い
  • ネットワークが広い
  • 個人的な努力ができる

スキルや経験が高い

「スキルや経験が高い」という理由で、副業のライターが稼ぐことができるということは、次のようなことを意味します。

  • スキルや経験が高いライターは、クライアントからの要望をより的確に伝えることができるため、より多くの仕事を受けることができます。
  • スキルや経験が高いライターは、クライアントからの要望をより的確に受け止めることができるため、より高い給料をもらうことができます。
  • スキルや経験が高いライターは、より質の高い文章を書くことができるため、より多くのクライアントから評価を得ることができます。
  • スキルや経験が高いライターは、より多くの仕事をこなすことができるため、より多くの給料を得ることができます。

副業のライターが稼げる理由として、スキルや経験が高いことは非常に重要です。自分が持っているスキルや経験を活かすことで、より多くの仕事を受けることができるでしょう。

マーケットデマンドが高い

副業のライターが稼ぐ理由の一つに、「マーケットデマンドが高い」というものがあります。

マーケットデマンドとは、ある商品やサービスが消費者に求められる度合いを指します。ライターが書ける分野でのマーケットデマンドが高いとは、その分野での文章が多く求められていることを意味します。

例えば、Webサイトのコンテンツを書けるライターであれば、Webサイトが多いほど、仕事を受ける機会が増えることになります。また、専門的な分野であれば、専門的な文章が求められているほど、仕事を受ける機会が増えることになります。

マーケットデマンドが高いということは、ライターにとっても、仕事を受ける機会が増えることになり、給料も上がる可能性があるということです。

ネットワークが広い

副業のライターが稼ぐ理由「ネットワークが広い」とは、ライターが仕事を受ける機会を増やすために、多くの人と繋がりを持つことが重要であるということを意味します。

ライターが多いほど、仕事を受ける機会が増える理由は、クライアントがライターを探す際に、自分のよりも仕事を受ける機会が多い人を選ぶ傾向があるからです。そのため、ライターが多いほど、仕事を受ける機会が増え、給料も上がる可能性があります。

また、ライターと繋がりを持つことで、新しい仕事の情報を入手することができるため、仕事を受ける機会が増える可能性があります。さらに、ライターとの交流を通じて、新しい知識やスキルを学ぶことができるため、仕事を受ける機会が増える可能性があります。

ネットワークを広げることで、ライターが仕事を受ける機会を増やすことができるため、副業のライターが稼ぐ理由として「ネットワークが広い」があります。

個人的な努力が出来る

副業のライターが稼ぐ理由として「個人的な努力ができる」という点があります。個人的な努力とは、以下のようなことを指します。

  • 常に新しいスキルを身につけること: ライターとしてのスキルを常に向上させることで、仕事を受ける機会が増え、給料も上がる可能性があります。
  • 自己プロモーションをすること: 自分が持つスキルや経験をアピールすることで、仕事を受ける機会が増えるかもしれません。
  • 自分で仕事を探すこと: 副業のライターは、自分で仕事を探すことで、仕事を受ける機会を増やすことができます。

個人的な努力をすることで、副業のライターが稼ぐことができると言えます。

副業ライターの始め方

副業ライターとして働くためには、まずは自分が書くことができる内容やジャンルを決める必要があります。

次に、自分が書ける内容やジャンルに合わせて、クライアントを探すための戦略を考えます。これには、自分のポートフォリオサイトを作成して、自分のスキルや経験をアピールすることが大切です。また、SNSクラウドソーシングなどを利用して、自分をアピールすることもできます。

さらに、クライアントとの契約や、報酬のやり取りや進捗管理などをするためには、プロジェクト管理ツールやオンライン決済サービスなどを活用することができます。

また、ライターとして働く上では、常に自分のスキルを磨いて、新しいことを学ぶことが大切です。自分が書ける内容を広げるためには、常に新しいトレンドやテクニックを学ぶことが必要です。

以上が、副業ライターとして働くための一般的な流れです。自分が書ける内容やジャンルを決め、それに合わせたクライアントを探すための戦略を考え、プロジェクトを運営するために必要なツールやスキルを身につけ、常に新しいことを学ぶことが大切です。

まとめ

副業ライターを始める際には、自分のスキルを磨くこと、報酬の確認や契約の確認をすること、そして自分の目標を明確にすることが大切であると述べることができます。また、副業ライターを始めるということは、自分自身をマーケティングすることも必要であるため、自己PRのスキルも向上させることが重要です。

さらに、副業ライターとしての経験を積んでいくことで、自分のスキルが向上するだけでなく、自分自身のキャリアアップにつながることも期待できます。副業ライターを始める際には、上記のようなことを意識することで、より成功しやすいスタートを切ることができるでしょう。




-副業